<< センター試験を越え、二次試験、私大本試へ。 | main | 受験現代文:見抜きの目、判断の頭 〜限られた対象に向かって >>
2008.01.29 Tuesday

受験小論文/二次試験:時間一杯の持続力〜2人のトップ競技者の教え

センター現代文<ワードマーキング読解>+受験小論文
<ワードマーキング要約+トリメモ対策>攻略ゼ
ミです。

マラソンの福士選手:トラックでは5000mや1万mで強さを発揮し、
ハーフマラソンでは日本記録を持つ優れたアスリートだ。しかし、
一昨日の大阪国際女子マラソンでは厳しい結果に。30km地点まで
の快走が幻だったかのように、その後まもなくペースダウン、異常
な発汗と息遣い、繰り返す転倒、かろうじてのゴール。

マラソンでは通常3〜4カ月かける準備期間が福士選手の場合は約
一カ月。同じくスタミナ作りの40km走を2度取り入れたりするの
に対して、ゼロ。30km以上も31km走を1度行なったきりだった
という。20km走は朝・夕1度ずつ取り入れ合計で1日40km走る
練習はしたそうだが、35km過ぎてからが本番といわれるマラソン
において、20km×2と40km×1は別物だったということだろう。
自分サイドの準備ではなく、対象に狙いを定めた用意周到な準備が
あったならば、と(タラ・レバは禁句と知った上でも)惜しまれる。
その点、選手に近く、しかし冷静客観視して導く立場のコーチ(,監督)
の存在価値があるのだろうけれど。

2次では長丁場の試験もあろうかと思う。トラックの女王と呼ばれ
るトップアスリートが示してくれた教えとして受けとめたいものだ。
もちろんマラソンにおける体力面のスタミナや持久力とは別物だが、
高いレベルで頭を働かせるための集中力・持続力、120分試験であれ
ば140分はフル稼働できるような状態づくりを心がけたいものだ。

強い朝青龍も、連続した休場の後では最後の最後の勝負で勝ち抜く
ことはならなかった。奇しくも同じ日に、トップクラスで闘う者の
厳しい一戦を通して、しかるべき準備の大切さを教えてくれたよう
に思う。

前期まで4週間弱だが、ここまで高めた実力を狙い澄まして高める
にはほどよい期間だろう。途中に私大入試がある場合はコンディシ
ョンづくりに工夫が必要だが、テンションを一定にキープして読み
書き考え見直し練り直す作業を繰り返して地力を高めていってほし
いものだ。センターがよくても慢心することなく、そうでなくても
落胆を引きずることなく、前へ前へ、今日一日の充実を心がけて、
自らを鍛えてほしい。

この寒さの中、桜は春の開花に向けて確実に準備を進めているはず
だ。桜花爛漫の春は、冬の寒さあってこそ一段と美しい。サクラサ
ク春を目指して一段と奮起を!

追:いわずもがな、ではありますが、二人とも次は調整きっちりと
  行なって目の覚めるようなパフォーマンスを見せてくれること
  でしょう。とくに福士さんは素晴らしいメンタリティーの持ち
  主だと思いますから。
コメント
はじめまして。
最近このblogを発見し、以来参考にさせてもらっている一浪の者です。

突然で非常に申し訳ないのですが、現代文の事で質問があります。
早稲田の教育学部の過去問が6割ぐらいしか解けません酷い時は5割ぐらいまで落ち込みます。
今、三年分やりました。現代文に苦手意識はないのですが、読みが甘いのかなと思っています。
あと二、三年やろうと思ってますがもっと解いたほうがいいでしょうか?
それと本場は7割を目指しているのですが、今後どういった事を意識すればよいのでしょうか?
  • KEI
  • 2008.01.30 Wednesday 00:13
過去問は重要ですのでできれば十年分、少なくとも同じ赤本に掲載の七年分は解いておきましょう。05年以降が90分、それ以前が60分という試験時間の違いはあっても、同一学部ということで一つの流れ・狙いの上にある試験には違いありませんから。
一つ重要なことは新たに問題を解く方よりも、一度解いて(とくに間違えた問題を)解き直す方に力点を置きたいものですね。あらたに解く方は直前期ならば実力チェックですが、過去問を解く大きな意味は解き直しにおいて読みや解きの見抜きや判断のブレをその学部に特化して認識し補強・修正できる点にあります。
本番一週間前までに済ませるつもりで、七年分、解き直しも入れて学習したいところです。なぜ間違った選択肢の方を選んでしまったのか、傍線部同一文・空欄含む同一文からのヒント(指示語、中心語、接続語)のつかみそこねなのか、ヒントの生かし方(文脈を追って根拠を見抜く目)の不足なのか、選択肢の吟味(選択肢相互、あるいは本文のポイントとの比較・判断・検証)の不足なのか。読みあるいは解きにおいて、異なる年度・問題でも共通するKEIさんの間違え方に気づければ、そこが補強点・修正ポイントということになります。
おそらく時間が足りないということはないと思うので、速さよりも正しさ、読みよりも解き、に重点を置いて、あとはいくつ補強点に気づき(自分の見抜きの目と判断の頭を)修正できるか、が得点力アップの源になると思います。
これら解きの補強に成功すれば、ひるがえって読みの正しさと速さも高まります。早稲田の教育学部で国語は得点を稼いでおきたい科目といえるでしょうし、七割は無理な点数ではないと思います。
直前一週間では、最も出来の悪かった年度の過去問を一度やり直して補強できていることを確認。もう一問、最も出来の良かった年度の過去問を一度解き直して自信を最大限に高めて本番に臨んでください。「読みが甘いのかな」という意識が払拭され、<解きが鋭くなった>と自覚できる状況にもっていければ高得点も現実のものとなっていくことでしょう。成功を祈ります。
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM